メニュー

みわ矯正歯科医院

ご相談から矯正治療までの流れ

治療は充分なカウンセリングをしてから

歯並びや、咬み合わせについてのご心配があれば、まずお気軽にご相談ください。
どんな風になおるの?費用は?期間は?装置は?どんな先生?痛いのかな?いつから始めればいいの?治療が必要なの?転居の可能性があるけど…
いろいろ聞いてみたいことがあるはずです。お話を聞かれて、ご家族や大切な人と相談された上で十分ご理解いただいて通院の見通しがたったら治療をスタートさせましょう。

1お電話ください

まずはお電話で矯正相談ご希望なのか、一般歯科治療の予約なのかをお知らせください。ご相談日を調整させていただき、ご相談のお時間を取らせていただきます。

お問い合わせ

2ご来院ください

カウンセリングと検査を行います。検査内容は簡単なレントゲン検査から詳しい検査までケースバイケースです。かかる費用は事前にお知らせします。
患者さまの症状を把握し、ご要望を伺った上で、あらあらの治療の内容やかかる時間、費用などについてご説明します。
お子さまの場合は、治療のタイミングが今でなかったり、自然治癒の可能性があることもあります。成長発育や歯の生えかわりを待ったほうがよい場合もあります。その場合は治療の見通しをお伝えして定期的な経過観察の上、最適な治療開始時期をお知らせします。

疑問に思うこと、不安に思うことは遠慮なくご質問ください。当院には40年以上におよぶ診療カルテ、歯型のストックがあり、さまざまな症例を把握しています。ご相談の場では、患者さまと類似した症例をお見せし、治療結果をごらんになることでより具体的な矯正治療のイメージをつかんでいただけるよう努めて努めております。

当院へのアクセス

3じっくりお考え下さい

ご相談はあくまでもご相談です。初めてのご来院で治療をお勧めすることはありません。
ご自身の意志、ご家族の同意・協力が得られ、治療開始の意志が固まってからご連絡ください。治療の準備を始める日を決めましょう。

費用について

4精密検査、口腔衛生指導、診断説明をします。

治療に入る準備として、口腔衛生指導、精密検査を行い、検査結果を分析してお知らせします。
具体的な治療方針(目標)や方法について患者さんのご希望をお聞きしながら、その方にとっての最適な方法を選んでゆきます。

5実際の治療を始めます

進め方は患者さまでそれぞれ。診断の後、すぐに治療を開始できることもありますが、発育期のお子さまの場合はまず不正が見られる部分の治療を行い、しばらくの間、経過観察を行いながら歯の生え変わりを待ち、タイミングを見計らって本格治療に入るというケースもあります。
本格矯正が終了すると保定装置を使いながら、咬合状態の安定化を図ります。一定期間の保定終了後、患者さんとご相談の上、治療終了することもあれば、その後も保定を続ける場合もあります。
治療が始まってからも疑問に思ったこと、解らないことは気軽にお尋ねください。

矯正治療Q&A