メニュー

みわ矯正歯科医院

治療例

当院の治療例

歯並びや咬み合わせは、一人ひとり全部違っており、治療方法も異なります。
当院には40年以上におよぶ診療カルテ、歯型のストックがあり、さまざまな症例を把握しており、矯正相談では患者さまと類似した症例をお見せし、治療結果をごらんになることでより具体的な矯正治療のイメージをつかんでいただけるよう努めております。

反対咬合の矯正歯科治療

  • 治療前
  • 治療後

上の前歯より下の前歯が前に出ていて咬み合せが逆になっています。お口元も下唇が前に出ていたり、顎がしゃくれた感じに見えたりします。

※写真はクリックで拡大してご覧いただけます

上顎前突の矯正歯科治療

  • 治療前
  • 治療後

上の歯が前に出ていて、歯が唇からはみ出て見えたりします。お口元が出ていたり、唇が閉じにくく、閉じようとすると下顎の頤部に梅干状のしわが出来たりします。

※写真はクリックで拡大してご覧いただけます

叢生の矯正歯科治療

  • 治療前
  • 治療後

歯並びがでこぼこしていて見た目が悪いだけでなく、上下の歯をしっかり咬みあわすことができなかったり、歯に負担がかかりすぎて、長持ちせず、歯周病にもなりやすかったりします。八重歯が唇にひっかかってお口が閉じにくいこともあります。

※写真はクリックで拡大してご覧いただけます

開咬の矯正歯科治療

  • 治療前
  • 治療後

上下の歯を咬み合わせても、上下の歯の間に隙間があって、咬み合わせすることがが出来ない状態の不正咬合を開咬と言います。前歯で食べ物を噛み切ることができず、食事の時舌が見えたり、発音が不明瞭になる方もあります。

※写真はクリックで拡大してご覧いただけます

上下顎前突

  • 治療前
  • 治療後

上下の前歯が前方へ出ていて、歯を噛んだとき唇が閉じにくく、横からみたお口元も出ています。無理にお口を閉じようとすると頤部に梅干状のしわができたりします。歯の位置を内側にひっこめることで、自然なお口元に改善します。

※写真はクリックで拡大してご覧いただけます

唇顎口蓋裂の矯正歯科治療

  • 初診
  • 本格矯正治療前
  • 本格矯正治療後

唇顎口蓋裂に起因する不正咬合に対する矯正治療について、当院は健保適用可能で、自立支援医療指定医療機関(育成医療、更生医療)でもあります。

※写真はクリックで拡大してご覧いただけます

顎変形症の矯正歯科治療(外科的矯正治療)

  • 顎変形症Ⅰ(下顎前突)
  • 治療前
  • 治療後
  • 顎変形症Ⅱ(顔面非対称)
  • 治療前
  • 治療後

顎の変形(著しい出歯、受け口、開咬、顔面の非対称等)を伴う不正咬合について、顎の手術(顎矯正手術)と矯正治療を併用して治療する方法を外科的矯正治療といいます。当院は顎機能診断施設基準適合医療機関で、健保適用が可能です。手術をされる医療機関と連携をとって矯正治療を行います。

※写真はクリックで拡大してご覧いただけます

発育期の矯正治療

  • 治療前 
  • 治療後

生え変わりに伴って永久歯が不正な位置に生えてきたり、咬み合せが悪くなっていく場合に、出来るだけ正常な発育パターンに乗せてあげることで健全な咬合育成を計る治療方法です。成長発育を利用することで、発育期を過ぎた方では出来ない治療結果が出る場合があります。早い時期から問題を解決していくことで、複雑になってしまった咬合状態を治す矯正治療を回避して、シンプルな仕上げの治療が出来るメリットがあります。

※写真はクリックで拡大してご覧いただけます

異常埋伏歯の牽引誘導

  • 治療前
  • 治療後

永久歯が異常な位置に埋まっていて、正しい場所に萌出することが出来なかったり、出ている永久歯の歯根を吸収してしまうような場合に、牽引誘導して正しい位置に並べます。早い時期のアプローチが大切です。

※写真はクリックで拡大してご覧いただけます

大人の矯正治療

  • 歯周病があり修復歯が多い、50代の反対咬合、叢生症例です。
  • 治療前
  • 治療後
  • 歯の欠損や歯周病があり、でこぼこが激しい40代台の叢生症例です。
  • 治療前
  • 治療後

年齢が高くなると、抜いてしまっている歯、神経の処置をした歯、かぶせ物やつめ物、磨り減った歯など歯そのものの条件が悪かったり、歯周病や全身疾患をお持ちの場合もあります。さまざまな制限の中で、工夫をしながら治療を組み立てざるをえません。当然限界もありますが、より良い状態を目指して矯正治療をしておられます。

※写真はクリックで拡大してご覧いただけます